いい歯医者を見極めよう

本当に治療を任せていいのか調べよう

神経を傷つける危険性

歯は、神経で繋がっています。
むやみに抜くと、神経を傷つけてしまいます。
するとそこからバイ菌が侵入するので、別の病気を発症する危険性があります。
神経を傷つけないように、できるだけ削るのが正しい治療方法になります。
受診して、いきなり歯を抜こうとする歯医者は避けてください。
まずは歯の様子をしっかり確認して、それからどんなと治療をするのか考える歯医者がおすすめです。

また今後の治療方針を、教えてもらいましょう。
歯医者が1人で納得して、治療を進められてもこちらは何をされているのかわかりません。
口内がどんな状態になっているのかわからないまま、治療が進むのは怖いですよね。
前もって教えてもらえば、安心して治療に臨めます。

他の歯に与える負担

実は虫歯になっている歯を抜いたことが原因で、他の歯に負担を与えることがあると知っていましたか。
これまでは健康な状態だったのに、余計な負担がかかって病気になるので注意しましょう。
すると他の歯も治療しなければいけないので、治療期間が長くなります。
あまり、歯医者に行く時間を確保できない人がいるでしょう。

治療を早く終わらせるためには、他の歯を病気にさせないことが重要です。
少しずつ虫歯の部分を削る治療なら、他の歯に与える負担が少なくなります。
病気を招く心配はないでしょう。
たくさんの歯を抜くと、それだけ周囲に与える負担が大きくなります。
口内全体に悪影響を与えるかもしれないので、できるだけ削ってもらいましょう。


TOPへ戻る