いい歯医者を見極めよう

どんな治療をするのか確認しよう

治療方針が説明されているか

歯医者のホームページを見ることで、歯医者の治療方針がわかります。
必ず確認して、歯を削って治療する方針のところだったら大丈夫です。
しかし歯が痛くて困っている時に、ゆっくり歯医者の情報を確認している暇はないと思います。
急に歯の痛みを感じた時、歯医者を利用できるよう前もって調べておきましょう。

歯の痛みをガマンして情報を調べていると、その間に悪化してしまう可能性があります。
悪化しないよう、痛みを少しでも感じたら訪れてください。
状態が悪化すると、削るだけでは対応できないので、歯を抜かなくてはいけない状態になります。
どんな歯医者に行ってもそのような治療になるので、歯を抜かなくてもいいよう、早く歯医者に行ける用意をしてください。

設備が整っているのか

例え歯を抜かないことを治療方針にしていても、必要な設備が整っていないとうまく削ることはできません。
歯医者の情報を調べる時に、設備の確認もしてください。
最新の機器があれば、細かい部分まで削れるので虫歯の治療が楽になります。
治療方針には、痛くない治療を目指していると書かれていたかもしれませんが、設備の紹介が見られなかったら、その歯医者の利用を控えてください。

設備が整っている歯医者だったら、設備の紹介もホームページに載っているはずです。
そして機器を使って、どんな治療をするのか説明されていると思います。
新しい歯医者に行くと、設備が整っていることが多いです。
古い病院は、設備が整っていないかもしれないと覚えておきましょう。


TOPへ戻る